交通事故

giko_02.png

交通事故では、事故直後では痛みや違和感を抱かなかったために「ケガはしなかった」と考える方が多くいらっしゃいます。

本当にケガをしなかったのであれば幸いですが、あとから痛みの症状が現れることも多いです。

「あとになってから痛みが出るのはなぜ?」

447083.png

事故直後は興奮状態にあるため、アドレナリンという物質が痛みを感じさせない鎮痛作用をもたらします。

そのため、時間が経って気持ちが落ち着いてきてから痛みが出ることもあるため、後遺症として残るリスクがあります。

「よく聞くむち打ちとは?」

むち打ちとは、正式には「頚椎捻挫」や「外傷性頚部症候群」などと呼ばれ、事故の衝撃によって首(頸椎)が鞭のようにしなり、その衝撃で首に損傷をもたらし痛みを生じさせる負傷のことです。

むち打ちは事故直後よりも、数時間後、あるいは数日後になってから発症することが多いため、首に違和感を生じたら直ちに当院へご連絡ください。

交通事故による施術には自賠責保険が適応されます

交通事故治療b.png

当院は交通事故治療に多くの実績と信頼があり、国家資格を持つ院長による丁寧な治療を行います。

交通事故は病院からの転院、または併用も可能です。当院へ通院する場合は主治医にその旨をお伝えください。

保険の手続き等でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

むち打ち等の交通事故による痛みは長引くことが多いです。病院での治療期間が終了したあとも当院にて治療を受けられます。

交通事故のケガも千差万別です。当院ではお一人お一人の状態に合った施術を行うので、ご安心ください。​